歯科恐怖症の患者様への不安や痛みに配慮した治療に取り組んでいます。

患者様の中には過去の治療体験による恐怖や嫌悪感から歯科治療を受けることができず、

場合によっては口の中に器具が入るだけで嘔吐反射をしてしまう、というような悩みを抱えている方もいらっしゃいます。

当院では、そういった歯科恐怖症の患者様への不安や痛みに配慮した治療をご用意しています。


【静脈内鎮静法】

歯科麻酔科医が鎮静薬や麻酔薬を点滴から注入して、歯科治療に対する不安感や恐怖心を取り除き、精神的な安静状態をもたらすための方法です。

静脈内鎮静法では、痛みを取る作用はありませんが、局所麻酔を効かせるので心配はありません。

そして、鎮静中は、麻酔の注射をしても憶えていないので安心です。


【笑気吸入鎮静法】

酸素に笑気(亜酸化窒素)という気体を混ぜたものを鼻から吸い込み、無臭で低濃度の笑気ガスの吸入により、気分が楽になり、歯科治療への恐怖や緊張、痛みを感じにくくする方法です。

鎮静中は、麻酔の注射をしてもほとんど気にならないので安心です。

呼びかけに反応できる程度の状態で治療を行うことができるため、反応を見ながら治療が進められます。


【星状神経節ブロック照射療法】

東京医研株式会社が開発した医療機器、スーパーライザーによる近赤外線の光を首の鎖骨辺りに当てることにより、自律神経のバランスの乱れを整える治療方法です。近赤外線の光を身体に当てた場合、最も身体の深いところまで達する力を持ち、自律神経の不調やホルモンバランスを整え、血行を改善し、免疫力を高めるといわれています。


光を当てるだけですので、痛みや苦痛、副作用もなく、安全に治療を行うことが出来ます。

スーパーライザーは、ペインクリニックをはじめ様々な医科で認められ、医療現場で幅広く利用されています。


最新記事

すべて表示

診療時間変更のお知らせ

診療時間がこの度変更になりました。 皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどをお願い申し上げます。 8月からの診療日変更 ◎受付時間 午前 9:30~13:00 午後14:00~19:00 (土曜は10:00~13:00) ◎休診日 水曜日、日曜日、祝日、第2・第4土曜日

歯科用CTを導入致しました。

3D画像を取り入れることで、口腔内を立体的に観察し、骨の位置や量、病巣の大きさなど診断に重要な要素を把握することができます。 立体画像で視覚的にみることができるので、ご自身の状態をより詳しくおわかりいただけます。

マイクロスコープを導入致しました。

マイクロスコープを使った精密歯科治療をする場合、肉眼で見えない細かな部分まで治療を行いますので 高倍率で直接見ながらの治療が可能になり、より確実で精度の高い治療が行えるようになりました。 できるだけ削らずに歯を残す治療においてとても有効です。